• 〒330-0071
  • 埼玉県さいたま市浦和区上木崎 4-11-20

お電話でのお問合せ

menuI

内科に電話をする

メニューを閉じる

神経内科

多発性筋炎/皮膚筋炎

症状

自分の免疫が筋肉を敵と勘違いしてしまう事が原因で、筋肉に炎症が起こる病気です。発症当初は特に運動をしていないのに太ももや腕、臀部などに筋肉痛のような症状を呈し、その後痛みがひどくなってきます。

診断・検査

神経学的検査で障害されている筋肉、障害度合いを確認し、MRI検査で炎症の有無を確認します。疑わしい場合は血液検査で自己抗体の有無を確認し、診断に至ります。

治療

ステロイドや免疫抑制剤による免疫療法で症状をコントロールします。皮膚に発赤を生じる皮膚筋炎の場合は経過で悪性腫瘍が見つかることがあり、定期的に悪性腫瘍の検索をしていきます。

神経内科症状別

しびれ
詳しく見る
てんかん
詳しく見る
パーキンソン病
詳しく見る
多発性硬化症
詳しく見る
多発性筋炎/皮膚筋炎
詳しく見る
脳血管障害(脳梗塞、脳出血)
詳しく見る
認知症/物忘れ
詳しく見る
重症筋無力症
詳しく見る
頭痛
詳しく見る
PAGETOP