• 〒330-0071
  • 埼玉県さいたま市浦和区上木崎 4-11-20

お電話でのお問合せ

menuI

内科に電話をする

メニューを閉じる

神経内科

重症筋無力症

症状

運動神経と筋肉の連携が悪くなる病気で、アセチルコリンという神経伝達物質が届かなくなることが原因です。繰り返す運動で力が入りにくくなり、夕方になると悪くなることが特徴です。物が二重に見える、かすんで見える等の眼筋の症状が出現するタイプ(眼筋型)と全身の筋肉に脱力を生じるタイプ(全身型)があり、治療も異なってきます。

診断・検査

筋肉が疲れやすいことを神経学的診察や電気生理学的検査(刺激を繰り返して筋肉の収縮を診る)で診断します。疑わしい場合は血液検査で自己抗体を測定し、確定診断に至ります。

治療

内服薬でアセチルコリンの分解を抑えたり、抗体の産生を抑えることで症状がコントロールできます。若い方の場合、胸腺というところで抗体を作っていることが多く、胸腺を取り除く手術をすることもあります。風邪を引いたりして体力が落ちるとクリーゼと言って急激に症状が悪くなり、呼吸ができなくなることが有ります。普段の生活・体調管理が重要となってきます。

神経内科症状別

しびれ
詳しく見る
てんかん
詳しく見る
パーキンソン病
詳しく見る
多発性硬化症
詳しく見る
多発性筋炎/皮膚筋炎
詳しく見る
脳血管障害(脳梗塞、脳出血)
詳しく見る
認知症/物忘れ
詳しく見る
重症筋無力症
詳しく見る
頭痛
詳しく見る
PAGETOP